gard1.bmp

ルーフバルコニーでのガーデニング

ルーフバルコニーって聞いたことあります?

建物が上の階になるほど階段上に引っ込んでいるマンションで
上階住戸が下階住戸の屋上を
バルコニーとして使えるようにしているタイプを
「ルーフバルコニー」というんです。

分譲マンション等の区分所有建築物では、
バルコニーは共用部分にあたるため、
専用的に住戸の居住者が使用できますが、
物置を置いたり、改造したりしてはいけないとのこと。

一般のバルコニーに比べると広い空間を確保することができるので
開放感や日当たりに優れていますから
ガーデニングやパーティースペースに使用したり
●アウトドアリビングとして
利用することも可能ですよね。

でもすぐ下が住戸になっている場合が多いので
使用する時は’音への配慮’が必要です。

ほかにガーデニングに利用する場合は、
’排水口のドレーンの清掃’にも注意が必要です。
こういう場所でガーデニングすることを
「ルーフテラス」と呼ぶこともあるようです。

防水面が劣化して下階へ水漏れが起こるおそれがあったり、
排水口が詰まって水はけが悪くなったりする可能性があります。
そのために砂利を直接撒いたり、
人工芝を敷いて庭園を作ることは禁止されているところもあるようです。

これからルーフバルコニーでガーデニングを楽しみたいという方は、
ご自身の居住先がガーデニングをしてもいいマンションかどうかを
確認してから入居するようにしましょう。

ルーフバルコニーでガーデニングすることはとてもお洒落ですし、
大きな意味でいえば地球環境を助けることにもつながります。
まずは「花を一つ育てる」ことからはじめてみてはいかがでしょうか。


この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/47824221

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。